Find One of our Global Locations

InfoSight予測分析の特長

4時間ごとに、InfoSightはお客様のアレイから銀河系の星の数よりも多いセンサー データ ポイントを収集、分析します。その後、予測分析機能が膨大な情報を関連付けて膨大なデータから問題点を見つけ出し、複雑な問題も解決します。

InfoSight-data-points

問題を未然に防止しダウンタイムを回避

InfoSightにより、アプリケーションからストレージまで、スタック全般におけるデータ遅延の原因となる問題を予測し、未然に防止します。システムの停止やインフラストラクチャの問題に対処する時間のロスを回避できます。
SpeedPerformance
問題を未然に検知
10件中9件の問題が自動的に検知され、解決方法が提示されます。
99999uptime
実測稼働率
数千ものアレイで99.9999%の実測可用性を実現。
Cloud
レベル3のエンジニアと通話するための
待ち時間
当社にはレベル3のエンジニアしかおりません。InfoSightの自動化システムによりレベル1やレベル2の問題をサポートする必要がなくなり、年間で数千時間もの削減につながっています。
computer

ストレージのニーズを予測し、計画を簡素化

予測分析機能を活用し、将来のニーズと潜在的なホットスポットを特定します。具体的な解決法に沿うことで、最適な性能を長期的に確保し、推測による間違いが起こりやすい当て推量を排除します。

ウィスコンシン州法務省

InfoSightと予測分析により、ウィスコンシン州法務省が州民を守る方法が大きく変わりました。その詳しい過程をご覧ください。

Wisconsin Department of Justice
xtium

「Nimble Storageのおかげで、InfoSightを使って複雑な視覚化リソースのコンテンション問題についても即座に原因を特定することができるようになりました。その結果、1週間あたりエンジニア5人分に相当する時間を削減できています。」

Xtium、最高技術責任者(CTO)、Tim Vogel